某博物館

BrightSign(ブライトサイン)を利用した博物館のデジタルサイネージ

博物館のデジタルサイネージを44台分、弊社のWP+HTML publishを導入してBrightSignと連携し開発させていただきました。

BrightSign(ブライトサイン)を利用した博物館のデジタルサイネージ

WordPressはマルチサイトで構築し、各端末べつ にテーマを分けて、端末ごとにHTMLをpublish。

publishされたHTMLをBrightauthor 上で選択し、各端末へ配信。

  • 会社案内と事業内容のデジタルサイネージコンテンツ
  • 多言語対応・クーポン発行デジタルサイネージ
  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus

CASE STUDY

ケーススタディ

MORE